読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グリーン カピバラ Green Capybara

グリーンとゆったりが好きなカピバラ似のお兄さん(40代のパパ=親父)が書いてます 全世界の人々の健康と幸せ、世界平和の実現を願い毎朝お祈りしてます

クリスマス 我が家の場合

いつも応援ありがとうございます。しげっち(@shige32_ogiso)です。

クリスマスイヴのイヴとは?

昨日、妻からクリスマスのうんちく話を聞かされました。

日本の慣習でのイベント的なクリスマスだと、クリスマスが12/25のことでクリスマスイヴはクリスマスの前日で12/24のことだと認識されている人が多いとのことでした。

12/25のクリスマスは、イエスキリストのお誕生日で、そもそも諸説は色々とあるのだと思います。

聞くところによると、クリスマスは12/24の日没から12/25の日没までの期間のことを指していて、その期間のイヴ=元々の意味は下記のようです。

「イヴ(eve)」は「evening(夜、晩)」と同義の古語「even」の語末音が消失したものである。

12/24の日没から12/25の日没までの期間中に夜は、12/24の日没後にしかなく、そこがクリスマスイヴとなって、前夜祭とかそういう流れで、クリスマスの前日というのが、クリスマスイヴなんだという、少しズレてしまった認識につながったとか。

 

巷でたまに聞く、12/23の祝日(日本の天皇陛下のお誕生日)をクリスマスイヴイヴと呼んだりするのは、元々の意味からするとだいぶ外れているそうですよ。

 

日本と世界のクリスマスの慣習の相違点、年末年始の過ごし方など

最近はそうでもなくなってきたかもしれませんが、日本だとクリスマスはカップルで過ごすのがメジャーで、クリスマスを一緒に過ごす相手がいないと、非常に肩身が狭いという風潮がありましたね。

私も何度もお腹が痛くなったことか。

そういう宗教下の世界では、クリスマスは家族としっとりと過ごして年末のカウントダウンで新年を迎えるのを恋人や友達とはしゃいで弾けるといったのが多いようです。

日本の年末年始は、クリスマスで恋人や友達と弾けて、大晦日の「ゆく年くる年」のような厳かな雰囲気で家族と過ごすというのが古くからの慣習であるようですね。

我が家のクリスマスはどんなか

結婚して10年が過ぎ、子供も二人の男の子に恵まれ、わたしの母親とも同居しております。

クリスマスは必然的に家族で過ごすイベントとなりました。

昨夜は、クリスマス効果で普段の夕食時とは比べ物にならないくらいの豪勢なおかずが食卓に並びました。

3日分の食事が一堂に会した感じなので、来年のクリスマスまではこんな光景は見られないかもしれないですね。

クリスマスイヴは普段よりも早目に子供達に眠るように促します。

眠っていないとサンタクロースさんが家に来れないよと話してあります。

長男はすんなり眠りましたが、次男がなかなか眠りませんでした。

深夜に目の覚めた長男が泣き出すハプニングがありました。

「僕の所には、サンタさんが来なかったぁ」と枕元を確認して泣いていたそうです。

まとめ

上記の長男は来年から小学校に上がる予定の6歳の子供です。

サンタさんがプレゼントを置く部屋を間違えてしまったのかもね。

ということで、別の部屋にサンタさんが置いておいてくれたプレゼントを確認して笑顔でまた眠りについたそうです。

まだまだ可愛いですね。

いくつになってもクリスマスはワクワクしますね。

今年は私のところにはサンタさんが来てくれるのでしょうか?

 

 

 

かまどでチンやきたてパン屋さん  ジャムおじさんのパン工場

かまどでチンやきたてパン屋さん ジャムおじさんのパン工場

 

f:id:green_capybara8:20131225145315j:plain 

それではこれからも、しげっちをよろしくお願い致します。